スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

軍靴の足音は無慈悲にやってくるのか?

38度線周辺がここ数年で最高にきな臭くなってきた。
数日前のシリアでの一件から一気にコトが動いたし、日本政府の方も対応に追われているようである。

ただ、実のところ駐韓大使の一時帰国措置を解除したあたりから、半島周辺で動きがあるのでは、という気配はあった。
安倍政権の今までの外交対応から見て、『慰安婦像』の件を軽々に扱っているとは考えにくい以上、何か重大な事態が、あの半島で起きる可能性が無視できないほどに高まったということなのだろう。
実際、措置解除から半月もたたずに、北の国から無慈悲な軍靴の足音が聞こえてきたわけで。

米国のここ最近の動きは、まさしく機先を制すべく先手先手を取りに行っているように見える。
特に、米中首脳会談で根回しをしたあたりは、トランプ政権の実力を測る材料になりそうだ。
実力部隊を半島近辺に準備し、次の一手を打てる状態を見せ、中国に対応を迫っているようにも見えるが、果たしてどう転ぶか。

もっとも、今の我々は昭和憲法に簀巻きにされてるせいで、『頭上から極太が降ってこないことを祈るしかない』という割と情けない状態なのだが。
まぁ野党の怠慢と傲慢が解消するまではその情けない状況を我慢することとしよう…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

広告スペースとか
[PR]





ブログ内検索
プロフィール

のー天気

  • Author:のー天気
  • やる気は常に品薄。
    文章は駄文の域を超えない。
    とりあえず、色々当てられない。
    だが、それがいい。
リンク
RSSフィード
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。