スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5年前を思い出してみる

『あの日』から5年になる。ちょうど『あの日』も、金曜日だったと思う。
俺は自室の、PCの前にいた。天気は悪くなかったと思うが、なぜか外出はしていなかった。

14時46分、地鳴りのような音に続き、ゆっくりとした大きな揺れが新潟に到達した。
感覚的には1分ほど揺れていたような気がする。真っ先にラジオをつけ、837kHzに合わせる。当時から、災害の時はNHKの情報を拾うことにしていた。
アナウンサーの読み上げる震度情報は、速報では震度3以上の、都道府県とその中の地域までしか流れない。だが、そこに羅列される多数の地域名と、大津波警報という単語が、災害の甚大さを予感させた。
そして、地震発生から数十分の後、太平洋沿岸に、巨大な津波が押し寄せたのだった。

テレビ中継の画面に映し出される破壊の光景。あまりに現実離れした光景は、阪神淡路の日の朝のテレビの中継の衝撃を思い起こさせた。だが、その衝撃はその比ではなかった。
破壊と壊滅の光景が、東北太平洋沿岸の数百kmにわたって広がっていくその様が、現に目の前のテレビに映し出されているのだ。
阪神淡路の時、地震発生は早朝だった。朝起きてテレビに映し出された映像は、既に破壊が進んだ後の光景であった。
だが、『あの日』のそれは、今まさに目の前に映し出される中継画像の中で、逃げ遅れた車が津波にさらわれるなど、今思い出しても恐ろしいほど残酷な破壊の現場であった。

あれから5年が過ぎた。
復興は道半ばだが、それでも着実に前進しているという話は、日々、様々なところから聞こえてくる。
もどかしさに逸る気持ちを抑えながら、故郷の復興に尽力する人々の姿に、人間の底力を見た気がした。

犠牲者の冥福を祈る。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

広告スペースとか
[PR]





ブログ内検索
プロフィール

のー天気

  • Author:のー天気
  • やる気は常に品薄。
    文章は駄文の域を超えない。
    とりあえず、色々当てられない。
    だが、それがいい。
リンク
RSSフィード
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。