FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新潟市・新バスシステム考

去る9月5日、新潟市内のバス路線が大規模に再編された。
具体的には、郊外方面に向かうバスの一部路線群を分割・統合し、新潟駅から青山までの基幹路線とその経路上の停留所を起終点とする路線に再編。
また、それに伴う実質的な値上げを防ぐため、系統が分割された路線での乗り換えをした場合、分割前の運賃で乗れるように割引が受けられる制度が用意された。
さらに、基幹路線の輸送力を強化するため、大型の連接バスも導入された。


――だが、開始早々問題が続出したのだ。

  • 基幹路線から郊外方面への乗り換え拠点である、青山停留所周辺で渋滞が発生し、朝ラッシュ時のダイヤが大幅に乱れる。

  • ICカード乗車券で乗り換え割引の制度を利用しようとすると、一部の条件下で割引を正常に受けられない。

  • 連接バスの後部に他の車が接触する事故が数件発生。さらに、運転士がその事実に気づかない事象。

はっきり言って重篤な初期不良である(割引制度のシステムを修正する間、ほぼ全線のバス運賃が無料になるなどの騒ぎになった)が、改善の余地もまだまだあるだろう。

新システムへの評価を下すのは、その辺の推移を見るまでは見送りたい。
少なくとも、以前より便利になった部分の恩恵も受けてはいるので、頭から否定する気はないのだ。

以下は、青山停留所周辺の渋滞に関する考察という名の妄想。
しかも、某掲示板に先立って投下しちゃった話なので追記ゾーンに送り込む。
朝の青山停留所周辺で発生している渋滞と遅延に関する考察

 現場(青山道下交差点)の概略



 凡例:緑色=道路 赤色=停留所 水色=川(関屋分水路) 茶色=遊歩道(廃線跡転用) 灰色=大規模小売店
     なお、概略図は方角が正確ではない。

中央の十字路が『青山道下』交差点、その上の交差点が『青山丁字路』。
青山道下から右、分水路を渡るのが『関屋大橋』。青山道下から下は平島方面。左は青山一丁目方面。
大規模小売店の右下の角が『青山』停留所。番線は青山丁字路から下に1-3番線、青山道下から左に4-6番線。
1番線は青山丁字路方面、4番線は関屋大橋方面(基幹路線)、6番線は平島方面への出発番線。2,3,5番線は到着専用。
青山道下交差点は、
 >関屋大橋-青山一丁目方向の信号に右折信号
 >関屋大橋→平島へは常時左折可
 >平島方は片側2車線、2車線とも右折可だが右折信号なし
 >関屋大橋は4車線、朝ラッシュ時は図の右方向に3車線、青山道下方面に1車線の配分で運用される
 >それ以外は片側1車線

 状況と原因の推測

1.青山一丁目方面から関屋大橋に向かう車の列が、6番線の便と交錯して渋滞
 (6番線は発車後すぐ右折車線に向かうため、走行車線を横断しなければならない)。
 >この渋滞により、青山一丁目から入線する1番線4番線出発便が遅延。
  また、一部は平島方面、青山丁字路方面に迂回すると推測される。
2.一方、平島方面から関屋大橋に向かう車は、右折信号のない青山道下交差点の信号で渋滞。
 >この渋滞により、平島方面からの便が遅延。青山を通過する新潟駅直通便も同様。
3.青山丁字路側から来る車は、図の上外側に向かう渋滞に混じる。

以上の推測から、新バスシステムが幾分なりとも影響していると疑うだけの余地はある、というのが筆者の考え。



ただ批判するだけでは赤いカルト教団みたいで胸糞悪いので、その場しのぎ的な対策についても考察してみた。
以下の対策案は、現状の設備を大規模に改修する必要がない方法、という方針で考案。

1.青山停留所4,5,6番線の部分、バス以外は青山一丁目方向への一方通行にする
 (この部分、停留所側に駐車場等の入口はない)。
2.青山道下交差点の信号、平島方面からの信号を時差式として右折の時間を確保する。

以上。
根本的には、付近で信濃川(関屋分水路)を渡る橋が、ここより上流でしばらく無いことが関屋大橋への交通の集中を招いているのだが、予算は無限ではない。よって折り合うならこのくらいだろうということで考えてみた次第。
効果の程までは推測していない。なにぶん妄想みたいなものゆえ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

広告スペースとか
[PR]





ブログ内検索
プロフィール

のー天気

  • Author:のー天気
  • やる気は常に品薄。
    文章は駄文の域を超えない。
    とりあえず、色々当てられない。
    だが、それがいい。
リンク
RSSフィード
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。