FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国民の審査が待たれる

カレンダーによれば、今日は憲法記念日だという。
しかし、俺にしてみれば、この国の国民がそこまでその憲法とやらに思い入れを抱いているようにはどうにも見えないのだ。

現在の憲法は70年前のバラック造りのまま、国民投票による点検さえ一度も行われずに今日に至っている。
もし、日本国民の多くが憲法に思い入れを抱いているのなら、改正の是非を問う手続きすらない状態が60年以上も続くことなどなかったのではなかろうか。

俺個人としては、現状の憲法には変えるべき点が存在する、という考えではある。
だが、それ以上に気に入らない点は、憲法改正の最終審査とも言うべき、国民投票の制度そのものを破壊しようという退廃的知識人があまりにも多く、広くのさばっている事だ。
彼らの退廃的な試みが故に、俺の『日本国憲法』に対する評価は上述のごとき酷評にならざるを得ないのだ。
今夏にも目処が付きそうな国民投票による点検を経れば、投票結果に基づき現行のままとなったとしても上述の評価は取り下げられることになるだろうが、果たしてどうなることやら。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

広告スペースとか
[PR]





ブログ内検索
プロフィール

のー天気

  • Author:のー天気
  • やる気は常に品薄。
    文章は駄文の域を超えない。
    とりあえず、色々当てられない。
    だが、それがいい。
リンク
RSSフィード
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。