FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不穏な事態

欧州から中東にかけて、ここ最近非常にきな臭い。

まず、昨年あたりから、東欧ウクライナ周辺のゴタゴタを皮切りに、流血沙汰が急増した。
特に厄介極まりないのが、『イスラム国』を自称するテロリスト集団だ。
カルト化した集団の危険性は、20年前に起きた毒ガス事件を引き合いに出すまでもなく、日本人でも何となくは知っていることだろう。しかし、『イスラム国』の恐ろしさは、国際的なネットワーク、潤沢な資金、世界中から新たな狂信者を次々に引き込む宣伝力、無慈悲で残忍な破壊活動だけでは語れない。
彼らが信奉していると主張する、イスラム教を信仰しているすべての人々に対して、不信や猜疑の目が向けられる空気。これを生じさせたことが、事態を加速度的に悪化させているというのが、俺の見立てである。

そして先日、さらに大きな事案が起きた。
フランスの出版社へのテロ。辛辣なイスラム教風刺を『神への侮辱』と主張する、『自称イスラム教徒』(表記としては正確ではないが、過激な狂信者とそうでない信徒とを区別するためにこう表記した)の一派が襲撃し、出版社のスタッフが殺害された事件だ。
この事件で、フランスでは『表現の自由守れ』の世論が燃え上がる形となり、一部では北アフリカ系移民(かつての植民地から移入してきた人々も少なくない)への忌避行為も起きているらしい。

---
非寛容的な思想を持つ集団がある場所には、多かれ少なかれ諍いが生じるものだ。
その諍いが破壊的な方向に向かわないためには、彼らが相手側の受忍しうるところまで寛容にならねばならない。
その解決法が望めない現状は、残念ながら悲観的である。
これ以上悪化しないことを空しく祈って、この項を終わる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

広告スペースとか
[PR]





ブログ内検索
プロフィール

のー天気

  • Author:のー天気
  • やる気は常に品薄。
    文章は駄文の域を超えない。
    とりあえず、色々当てられない。
    だが、それがいい。
リンク
RSSフィード
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。