FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都知事の品格

東京都知事選挙の立候補予定者が次々と名乗りを上げていると、世間では話題になっている。
俺は生憎と山を挟んだ裏側の県に住んでいるので、そこで何が起こったとしても対岸の火事でしかないのだが、
まぁ愚痴を言いたくもなるのでここに吐いておくことにする。

候補者のごく一部に、脱原発を掲げる候補者がいるようだが、それは言外に『何かあったら急に停電するけどいいよね』と公言しているようなものだと、俺は思うのだ。
現状、『何事もなければ安定供給は可能な状態』を、各地域は維持しているようだが、原発を動かしていた当時はもっと余裕のある供給体制になっていただろうことは想像に難くない。電力需要のピークとなる時期に節電を『要請』しなければならないという状況は、やはり危うい。

もちろん、原発以外の手段で震災以前の(節電が要請でなく単なる環境活動と認識される)供給体制に十分近づくというのであるなら、それは立派な主張であるし、真っ当な支援者も得られることだろう。
しかし現状、大手を自認する報道屋の記事の中にさえ、そういった現実的なアイディアを見出すことは出来ていない。
大体出てくるのは、太陽光発電や風力発電といった、現状では電力会社からカネを抜き取るために構築されたシステムなしに採算を取るのが困難で、しかも供給力を制御できない発電システムの礼賛記事くらいなものだ。
今後の研究次第ではそれなりに戦力となる可能性を秘めた技術であることは認めるが、将来の夢をいくら論じたところで、今日使う電力がそこから取り出せるわけではないのだ。

ならば、どこから今日使う電力をかき集めてくるか。
言うまでもなく、既存の発電設備からしか、今日使う電力は取り出せない。
脱原発を看板にするなら、最低限、今日使う電力の調達先を示し、安定供給を維持できる新しい技術のコンセプトを提示した上で、原発を止める道筋を描いていただきたいものだ。
その道筋が描けるなら、新しい技術は原発に代わる新しい輸出品にもなれるだろう。

もっとも、現状名乗りを上げている中で、『外野から見て』一番期待できる候補は、元自衛隊の田母神氏なのだが。
散々脱原発に関して助言を打っておいて、このオチである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

広告スペースとか
[PR]





ブログ内検索
プロフィール

のー天気

  • Author:のー天気
  • やる気は常に品薄。
    文章は駄文の域を超えない。
    とりあえず、色々当てられない。
    だが、それがいい。
リンク
RSSフィード
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。