FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

溺れる者がつかむものB 第141話

何というかその、アレだ。時間が取れなかったんだ。
そして、今回も引っ張るんだ。申し訳ない。

と、いうわけで、『18きっぷで仙台に牛タンを食いに逝く一人オフ・レポート その2』をどうぞ。
最も恐れていた事態であった。乗り継ぎ失敗は予定の立て直しを意味する。牛タンが遠ざかる。
それは困る!

しかし、どれだけ焦燥感に駆られても、普段よりもゆっくりと流れる景色を眺めるよりほかにない。

7時43分、平林を出発したところで、列車が通常の速度に戻った。進行方向の線路の安全が(対向列車の徐行通過をもって)確認されたためである。
なお、仙台に向かうにあたって、米坂線を使う予定は初めから無かった事を追記しておく。理由は、米坂線に時間通り乗り継いだとしても、山形で仙山線に乗り換える事ができないためである。

列車が村上駅を出発したのは7時51分と記録されている。以降、手帳には度々遅れ時間を確認する書き込みが残っている。

824 勝木     +18分
848 五十川    +17分
905 羽前大山  +15分
914 鶴岡     +14分 余目で接続あり、だそうだ。助かった。
930 余目     +9分  陸羽西線に乗り換え。

どうにか、予定していた乗り継ぎには成功した。

余目921930発陸羽西線154Dで新庄へ
陸羽西線では、トンネルが煉瓦造りであったことが強く印象に残っているが、それ以上のことは手帳にも残されていない。前ばっかり見て横はほとんど見ていなかったのだよ…。

新庄10151017発奥羽本線1434M山形行きで羽前千歳へ
ここにきて、ようやく遅れを回復したのだが(正確にいえば、2分ほど遅れを残している)、夏休みとはいえ平日昼前の列車が盛大に混雑するというハプニングに見舞われた。
10時57分、さくらんぼ東根を出発する段階でかなりの混雑ぶりであった。もっとも、通勤ラッシュ時に比べれば大したことはない程度のものであった。だが…。
11時11分、高擶出発の段階でいよいよ身動きが取れなくなってくる。
11時17分、すでに乗客満載の列車に、さらに2、30人の乗客が乗り込んでくる。今度こそ身動きも出来ないほどの大混雑。おいおい、次で降りるとはいえこんなラッシュになるなんて聞いてないぞ、と。
11時20分ごろ、乗り換えのために羽前千歳駅下車。11時29分発の仙山線の列車を待つ間に、飲み物を買うため駅の外へ。乗換駅とは言ってみたものの、改札どころか駅舎すらない無人駅で、自動販売機は駅前の商店にあるのが見えるだけ、という有様。これで時間が切迫してたら、残り1時間は渇きとの勝負にまで発展していたわけで。

さて、次回はいよいよ仙台に到着。更新がまた数日遅れてもキニシナイ方向で。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

広告スペースとか
[PR]





ブログ内検索
プロフィール

のー天気

  • Author:のー天気
  • やる気は常に品薄。
    文章は駄文の域を超えない。
    とりあえず、色々当てられない。
    だが、それがいい。
リンク
RSSフィード
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。